敏感肌 保湿

敏感肌の保湿方法は?

敏感肌は肌の水分が不足することで角質層が乱れやすくなり、そのためバリア機能が低下して外聞の刺激に抵抗する力が弱まった状態になったお肌のことをいいます。
水分が不足するということは、水分を保持することが出来ない肌になっているので、敏感肌は乱れた角質層を整えて水分が保持出来る状態にする保湿を重点においてケアをしていく必要があります。また肌の水分量が少なくなるとシミが増えやすいと言われていて、産後にシミが増えやすいのも敏感肌の特徴ではないかと思います。

 

敏感肌の場合はこの角質層が乱れてしまっているので、いくら化粧水やクリームを丁寧につけてもなかなか肌に浸透していかないということが多く、結局は一時的な保湿しかできていないケアになってしまいがちです。
つまりスキンケアをしても角質層の乱れを整えることができないため、時間がたてば潤いがどんどん逃げてしまい保湿をする力がなくなるので、敏感肌の状態は改善することが出来ないのですね。

 

乱れた角質層をケアする保湿パック

乱れた角質層に美容成分や保湿成分を浸透させるには、とにかく基礎化粧品がしっかりと肌に密着して浸透していく時間が必要になりますから、保湿パックを使ってケアをしていくのが一番理想的な保湿方法です。
保湿パックをすれば水分はもちろん、保湿成分などもどんどん浸透させることが出来ます。

 

ただ、保湿パックというとシートタイプのものをイメージするかもしれませんが、シートタイプだと長い時間つけているとシートが乾燥して肌に水分が奪われてしまうので、敏感肌ではシートタイプの保湿パックはやめておきましょう。
敏感肌に保湿パックをするなら、パック機能がついているオールインワン化粧品がおすすめです。
オールインワン化粧品はいろんなタイプがありますが、最近は無添加で敏感肌でも安心して使えるものも多く、また保湿に特化した成分がたっぷり配合されているので効率よく保湿をすることが出来ます。
また、オールインワン化粧品なら化粧水や美容液、クリームなどの機能も一緒になっているので、短時間でもしっかり保湿パックをすることができるので、敏感肌を保湿するには一番優れた方法と言えるでしょう。

敏感肌の保湿に欠かせない成分は?

肌の水分を保持すためには、バリア機能を正常に働かせる角質層がきちんと整っている必要があります。
角質層というのは、角質細胞と角質細胞間脂質で構成されていますが、この部分にあるセラミドや天然保湿因子など保湿成分と呼ばれる成分が、ヒアルロン酸が保持している水分が蒸散しないようにキープしています。
ですが敏感肌は乾燥によって角質細胞がきちんと整列していない状態になっているため、細胞同士の隙間を埋めている角質細胞間脂質に含まれる保湿成分が減少してしまい、水分をきちんとキープすることができなくなっています。
ですので敏感肌を効果的に保湿をするためには、角質層にたっぷりと水分を与えて潤いで満たしてあげると同時に、セラミドなどの保湿成分を補給してあげることが一番のポイントになります。
つまり、敏感肌の保湿に欠かせない成分は、角質層で潤いを守っているセラミドなのです。

 

セラミドは、角質細胞をつないで真皮層でキープしている水分を逃がさないという働きも持っていますが、セラミド自体も水分や油分を蓄えるという特徴があります。
もともと体内に存在している成分で、角質細胞間脂質の約50%を占める主成分でもありバリア機能の要ともなるものですから、極端にいってしまうとセラミドを補給しないスキンケアでは保湿をすることはできないのです。
セラミドの量は、年齢とともに減少していくだけではなく、紫外線によるダメージや肌の乾燥によっても減っていってしまいます。
ですので保湿にはセラミドが欠かせませんし、特に刺激を受けやすくなっている敏感肌には絶対的に不足しているので、たっぷりと補給してあげることが重要なのです。

 

ただ、もちろん肌の内部で水分を保持することも必要になりますから、真皮層で水分を蓄える働きをしてくれるヒアルロン酸や、ヒアルロン酸をサポートするコラーゲンも補給してあげましょう。
ですから敏感肌の保湿には、バリア機能を強化するセラミドに加えて、水分を保持するヒアルロン酸、コラーゲンが欠かせない成分になります。